中国系の外資系へ転職する場合に必要なこと

中国語の勉強は必須ではない

中国系の外資系企業が日本へと次々に進出をしている状況があり、外資系企業で働きたい人がしばしば着目しています。転職するときによく気にかけられるのが語学力の必要性で、中国系の外資系企業に転職するときにも外国語でコミュニケーションを取れる能力は必要です。ただし、中国語の勉強をするのは必ずしも重要ではありません。もともと中国語は北京語や広東語などのように方言があり、その違いが大きいので国内でもコミュニケーションが難しいこともあります。海外からの人材を重視する傾向もあるため、中国語ではなく英語を公用語としていることが多いのです。そのため、英語を学んでビジネスレベルにまで引き上げることは転職の際に重要になります。

アピール力を鍛えよう

中国系の外資系企業に転職しようと考えたときに習得しておく必要があるのはアピール力です。求められているスキルとして挙げられているわけではないものの、入社してから活躍していけるようになるためには必須のスキルになっています。中国は日本どころか欧米に比べても自分の考え方をはっきりとストレートに伝える文化があるのが特徴です。自分はこうしたいのだということを率直に上司に伝えて交渉できる能力があるかどうかで自分の活躍による成果を上げられるかが左右されます。上司に言われたことしかできない人だというレッテルを貼られてしまわないようにするために、自分なりの考えを端的に伝えられるようにトレーニングを積んでおきましょう。

© Copyright Improve Your Ability. All Rights Reserved.