イギリス系の外資系転職できる?

イギリス系の外資系企業の特徴

一口に外資系企業といっても、国柄によって企業の体質は大きく異なります。多くの人々がイメージする外資系企業は、アメリカ系の企業といえるでしょう。イギリス系の外資系企業の特徴としては、アメリカ系と同じように契約を重視する傾向があります。イギリスはその国の歴史から、国や企業と個人との契約を厳格に行います。企業側に有利な契約書を結んでしまわないような注意が必要です。またイギリス系外資系企業は、保守性が強い傾向です。前例がないと却下されることも多く、この点はアメリカ系とは異なります。このほか、個人を尊重する風潮からライフワークバランスがとりやすく、プライベートをしっかりと確保できるうえに、性別や年齢、出自によってキャリアが制限されることなく働きやすい環境という点も特徴です。

イギリス系外資系企業に転職するなら

イギリス系の外資系企業では、成果主義を掲げていることが多く、アメリカ系企業とこの点では似ています。短期間での業績で従業員を評価するので、転職をしたいのならば、自身の実力を十分にアピールすることが必要です。また、転職の際には即戦力のエキスパートが求められる傾向があります。短期的な業績が重視されるので、ジェネラリストよりもひとつのことに特化したスペシャリストを求めています。転職の際には、得意分野を特に強調してアピールすると採用に有利です。イギリス系の外資系企業に転職したいのならば、イギリス系企業の情報に詳しい転職エージェントを利用することが最も必要とされます。様々な企業情報を持っているほか、転職に必要となる活動のアドバイスも様々してくれるでしょう。

© Copyright Improve Your Ability. All Rights Reserved.