勤務地は遠い?近い?

エリア限定社員として転職をする場合は近場で働くことも可能

外資系企業への転職に関心がある時には、転職後の勤務地について、志望企業の求人情報やホームページなどをもとに確認することがおすすめです。たとえば、エリア限定社員の求人に応募をする場合には、通常の正社員の給料よりも低くなる傾向があるものの、採用後に近場のオフィスで働くことができ、将来的に遠方に転勤になる可能性も低いといったメリットがあります。また、エリア限定社員は、マイホームの購入計画が立てやすいことや、子供の教育や親の介護などの負担も少ないため、若手の転職希望者の間で人気が集まっています。なお、外資系企業のエリア限定社員の働き方については、各企業の業種や事業内容によっても異なるため、慎重に転職先の候補を決めることが大切です。

総合職や営業職の正社員は海外駐在を命じられることもある

外資系企業で働く総合職や営業職の正社員は、年齢やキャリアにもよりますが、入社後数年で海外駐在を命じられることも珍しくありません。たとえば、語学が堪能な人や、技術系の特殊なスキルを持つ人については、海外駐在の対象者に選ばれやすいため、将来を見据えて就職先を選ぶことが重要です。一般的に、海外に複数のオフィスがある外資系企業においては、様々な業界での経験を持つ中途採用者を数年程度駐在員に充てるところが多くあります。そこで、勤務地にこだわって外資系転職をしたい人は、海外転勤の可能性について面接の際によく話を聞くことが大切です。その他、国内外を問わず力を発揮したい人は、転職活動中に適材適所のスタッフの配置をしている外資系企業を見極めることが肝心です。

© Copyright Improve Your Ability. All Rights Reserved.